キャッシュフローゲームで楽しく投資・お金について学べるセミナー/ライフワークを実現するための経済的自立を支援するコンサルティング

Mailinfo○sonoharafufu.com
お問い合わせはメールにて受け付けております
トップキャッシュフローゲーム会>ゲーム会参加者の声

2012年9月9日開催 キャッシュフローゲーム会

9月9日、ラーニングエッジ株式会社様の西新宿キャンパスにて
「ロバート・キヨサキ氏来日記念 キャッシュフローゲーム会」を開催しました。
ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

今回のセミナーはロバート・キヨサキ氏が来日し開催された
「第1回東京ビジネスフォーラム Wealth Management Expo 2012」を主催されたセミナーズ(ラーニングエッジ株式会社)様よりご依頼があり、講師を務めさせていただきました。

セミナーでは、経済的自立を目指すうえで大切な以下の内容をお伝えしました。
◆ファイナンシャル教育の重要性
◆キャッシュフローゲームが教えてくれることとは?
◆キャッシュフローを理解し、コントロールすることの重要性とその見方
◆園原夫婦が経済的自立をどうやって達成したか?

会場の様子

ご参加いただいた方の感想

S.A さん(女性)
「やってみないとわからない」ことがよくわかりました。
本当に初めてのプレイで、最後の3分くらいで気づきはじめた感じです。
リアルなお金の仕組みを本当のお金で学ぶことはまだまだ無知で怖いですが、今後も参加して、知識と感性を磨ければと思いました。
手持ちのお金を増やすためには、資産とマーケットを見定める目を養ってお金自身に稼いでもらえることを学びました。これもやってみないとわからないことでした。

N.Y さん(女性)
正しい知識・方法を学ばずに、先入観から借入の限度などの枠を自分で作って不労所得を増やすという目的にたどり着く道を自ら閉ざしてしまっていたことに途中で気づきました。

M.R さん(女性)
いろんな職業を体験できるのも面白かったです。
他の方々の動き(行動と収入、お金のストック具合など、普段直接見れないところ)を見れたのが、とても面白く勉強になりました。
とにかく何回もゲームをして、様々なシュミレーションを体に取り込む必要性を実感しました。失敗するならゲームの上で、ゲームの中なら何回でも失敗してみたいです。そして再起したいです。
またいろんな方とゲームしたいです。シュミレーションといえども、その人その人の個性が投影されていてそれ自体が刺激になりました。
6人いるバンカーの方々がそれぞれ個性が出ていて、遠くからちらりと見ているだけでも面白かったです。

Y.M さん(男性)
今回、実生活だとどういった状況になるのかを想像しながらゲームをプレーしてみましたが、知らないワードが出てくるとこの先どういった状況になっていくのか判断できませんでした。
園原夫婦がおっしゃっていたIQ、EQを高めていかなくてはいけないと改めて感じました。


<< 次回のゲーム会風景へ     前回のゲーム会風景へ >>
=過去に開催したゲーム会 一覧 へ戻る=

↑ PAGE TOP