教えて!しんやさん

2021/01/04

アイコン 『一生使わないお金』があなたを豊かにする

教えて!しんやさん

皆さん、こんにちは。
園原新矢です。

今回のテーマは「『一生使わないお金』があなたを豊かにする」です。


アイコン お金を生み出してくれるあなたの分身を作る

収入から支出を引いて残ったお金=フリーキャッシュフローを
多くの方は自分の為に使ったり貯金していると思いますが、
「一生手を触れないぞ」というお金を作ることで、あなたの未来が豊かになっていくということをお伝えしたいと思います。


まずはP/L、B/Sで見ていきましょう。

今回の例では、わかりやすくするために、資産0、負債0とします。

収入は約30万円
生活費諸々の支出が25万円で暮らしていて
毎月のフリーキャッシュフローが5万円
という人の例で考えたいと思います。

この人が今の(生活の)ために使っているお金は25万円です。

25万円という支出は、今生活するために必要なお金なので変えることはできません。

フリーキャッシュフロー5万円が未来のために使えるお金となります。


ほとんどの方は、フリーキャッシュフローを消費してしまいます。
もしくは資産と思って負債を買ってしまったため、毎月の支出が増えてしまいフリーキャッシュフローを下げてしまうのです。

例えばフリーキャッシュフローが5万円だと1年間で60万円。

この60万円で旅行に行ったとします。

楽しかったので貯めてまた来年も行く!
というのも良いと思うのですが
毎年、あなたが働かなくても60万円分の旅行に行くことが出来るようになったらだいぶ生活が変わりますよね。

お金を生み出してくれる「あなたの分身」を作るのが今回のポイントです。


皆さんの分身として『一生使わないお金』にお金を作るために働いて貰いましょう。

しかし、一生使わないお金というのは、意識せずに生み出すことが不可能です。

なぜかというと、普通の人は、消費することや感情を満たすことには重きを置いていますが
投資で失敗した損失に対しては、非常にネガティブになってしまうからです。

投資に使ったからには何かを得ているはずだし、消費と同じように「結果としてお金がなくなる」点は同じなのですが、「やらなかったら良かった」と思ってしまうものなのです。

一生使わないお金というのはなくなってもいいお金です。
意識的に「なくなってもいいお金」を作ることで、一生使わないお金が生まれます。


ではそれは、どのくらいが妥当なのでしょうか?

私は収入の6割を投資に回して、4割で生活するということをしていました。

そこまでやれとは言いませんが、
まずは、収入の4割を未来への投資に使って欲しいと思います。

この4割のうちの半分(収入の2割)を
 ①一生使わないお金
もう半分を
 ②管理してお金を増やすお金
とします。

投資でいうと
 ①はインカムゲイン
 ②はキャピタルゲイン
として割り振ります。

②は減らさないように細かく管理してやっていきましょう。


例に戻ります。

収入30万円の4割=12万円をよけて下さい。
その中で自由になるお金は6万円/月です。

そんなのはムリだと思うかもしれませんが
いつもだったら飲み会や趣味、旅行などに使っているんですよね。

「このお金を未来のために回そう」と意識しないと
「こんなに頑張ったんだから使っていいだろう」と思ってしまうのです。

未来のためのお金を意識すること、これがポイントです。

そして、収入の6割くらいで現状の生活を維持しなければなりません。

そのためには支出を抑える必要がありますが、
それがどうしても無理であれば収入を増やすなどしなければなりません。

ただし、収入を増やしても支出も増やしては、フリーキャッシュフローは増えません。

最も大切なのは「収入」ではなく「フリーキャッシュフロー」なんだと心に刻んで欲しいのです。


アイコン 確定拠出年金などへの投資はおすすめしない

この話をすると
「私は2~3万円のフリーキャッシュフローしかないんです」という話が出てきます。

どうせ2~3万円しかないなら、少額でもできる確定拠出年金やiDeCoなどに投げたほうが良いのではないか?
と思う方がいるかと思います。

ただ一概にそうとは言い切れません。

iDeCoなどは所得控除がある一方で、60歳まで引き出すことができません。
もちろん、そこで生まれてきた毎年のインカムゲインも引き出せません。

例えば20歳~60歳まで40年間、毎月2~3万円を投資して運用していたとします。

そのお金は将来使えるかもしれません。

しかし40年後、自分がどうなっているかわかりませんよね。
もしかしたら定年前に大病を患っているかもしれません。

でも引き出せないのです。

本音を言えば、将来ではなく、今、豊かになりたくありませんか?
そのためには、リスクを負う必要があるのです。

確かに運用している最中に税金がかからないことは有利です。

私はこれが、せめて配当だけでも引き出すことができたなら、投資していたかもしれません。

例えば毎月の不労所得1万円の内、5千円を再投資して残り5千円を自分の為に使う
など、色々なやり方ができたと思うからです。

しかし、現状の確定拠出年金などは、投資したお金も生まれたお金も引き出せないのです。

これをどうにか出来ないかなと思って、ずっと考えてきました。

そうしてようやく、
「非課税で運用しながらも配当金を得られ、再投資もできる投資手法」を発見しました。

このやり方については、投資実践会のメンバーのみに伝えています。


『一生使わないお金』を投資するのであれば
毎月必ずインカムゲインが得られるものに投資しないといけません。

一生使わないお金だから、今すぐには引き出せないところに入れても良いんじゃないかという意見もあります。

ですが私は、そこから生まれたインカムゲインでラットレースを抜けたいのです。

支出が25万円であれば、25万円入ってくる仕組みが今すぐ欲しい。

分身(元本)が25万円を生んでくれる状態を作り上げたいのですが、いつでも引き出せないのは嫌なのです。

不動産でもiDeCoでも「将来がこうすればよくなるかもしれませんね」という話は、聞くに値しません。

期間が長ければ長いほどリスクは高くなるし、未来は誰にも分からないからです。

未来がどうなるか分からない不確かな可能性にベットするのは嫌ですが
不動産収入として今月入る家賃は、それほど急激に変わらないので投資します。
今月5万円の家賃がいきなり来月10万円に増えることはありません。

買ったタイミングで確実に利益を得たいのです。

買ったら利息や配当やビジネスロイヤリティなどが入るのか
ROI(投資の回収率)は高いのか
収益は上がるのかなど
タイミングを考えて投資を行うことが大切です。

出来ればそれを、ビジネス、ペーパーアセット、不動産と
完全に業種をわけて投資できれば、なお良いでしょう。

しかし、まとまったお金がないとなかなか難しいと思いますので
まずは「一生使わないお金」を意識的に作らなければならないのです。


アイコン 6割・4割

最低でも収入の2割は、『一生使わないお金』として投資して欲しいと思っています。

その元本は実がなるまでは引き出しません。

それまでは再投資して複利で回しますが
ある程度実がなったら、引き出しても良いでしょう。

できれば収入の6割で生活してほしいと考えています。

収入が30万円であれば18万円でやりくりして生活すれば、資産を形成することが出来ます。

支出管理だけでもある程度資産形成は出来ますが、ストレスがたまりやすく逆に散財してしまうかもしれません。

とにかく収入の6割を支出に回し、4割は未来に使うんだと、無くなって良いお金なんだと思って欲しいのです。

その4割のなかで本当になくなって良いのは、2割です。
ずっと運用するのだと決めて、取り出さないようにします。

残りの2割は元本を加速するための装置です。
減らさないように損をしないように日々管理し、資本効率を上げてお金を増やすために取引を行います。

慣れてくると少ない時間と労働力でお金が増え
増えたお金をまた投資することができるはずです。

皆さんが豊かになりたかったら
今、手元に自由に使えるお金が1万円や2万円しかなくても
一生使わないお金を自分で設定して決めることが大切です。

貯められないのであれば、天引きシステムを使いましょう。
毎月何百円かの手数料を払えば、収入が入ったタイミングで強制的に別の場所に天引きしてくれます。

そして、これは絶対に手を付けないと決めること。
自分で管理できたらいいですが、まず自分の将来に支払うということが出来るか出来ないかで、皆さんが豊かになれるかどうかが決まります。

お金に名前を付けなくても良いですが
全部を投資に投げよう、全部を消費に投げようではなく

この部分は一生使わないぞ
こちらはお金を増やすために使おう
この部分は今に使うぞ
この部分は緊急用に置いておくぞ

と分けておきましょう。

間違っても負債は買わないで下さい。

負債というのは財務諸表に残債ができるもの(毎月の支払いが増えるもの)です。

車などを買ってしまったら、保険料やガソリン代、維持費などが増えてくるので、フリーキャッシュフローがどんどん傷みます。

もしちょっと贅沢をしたいと思っても、ランニングコストがかからないものにしましょう。

時計を買う、アクセサリーを買うなど、単発の消費であれば
まだ、スピードは下がらないかなと思います。


アイコン 動画でも見たいという方はこちらから

PAGE TOP