教えて!しんやさん

2021/07/19

アイコン 今、手元に1000万円あったら何に投資しますか?

教えて!しんやさん

皆さん、こんにちは。
園原新矢です。

今回のテーマは「今、手元に1000万円あったら何に投資しますか?」です。

視聴者の方から質問があったテーマなのですが、これは
「園原だったら何に投資しますか」という事だと思います。

今の状態の私ではなく、
一般的な方(普通のスキルを持っている方)と同じ状態で私が1000万円を持ったときに

どういう動きをして、どんな投資をするのか?
どんなふうにお金を活用していくのか?などについて話していきます。


アイコン まずは自己投資

運用のスキルやビジネスのセンスがない
という状態であったとしたら
まず私は100~200万円を使い切ります。

元金(1000万円)を運用しない、
使わないというのはナンセンスです。

とはいえ、そもそも運用する能力がありません。

そのためにまずは、
運用して儲けるためにスキルを身につけるべく、
次のようなことに身銭を切ります。

①株、FXへ自由に投資する
②教材、セミナーに投資する
③心構えを手に入れる

株や為替などには、50~100万円を使って
自己流で良いので投資をして経験を積みます。

教材やセミナーは、詐欺などもあると思いますが
「騙されるかもしれない」と割り切ってお金を使います。

「一筋縄ではいかない」
「本気で取りかからないといけない」
「本腰を入れないと1000万円はすぐになくなってしまうぞ」

という心構えを手に入れるために、
極端な言い方をすれば騙されるために、
50~100万円を使い切ります。


アイコン 運用と学びのための労働

残額800万円のうち、学んだ結果を基に
500万円程度で資産運用を始めます。

上記の①~③を半年以上きちんと学んでいれば、
年率で10~20%の利益が出るような運用ができる状態になっていると思います。

500万円を運用する理由は、
不労所得が欲しいからです。

年利10~20%なら、
月に5~8万円ほどの不労所得を手に入れられるでしょう。

次に、2~3年働きます。

後々自分でビジネスをするために残額の300万円は避けておきますが、
いきなりその300万円でビジネスを始めたら必ず失敗します。

そこで、まずは「ビジネスを学ぶ」という目的のために働きます。

給与の多さで仕事を選ぶのではなく
学ぶために仕事を選ぶと、
どうしても(金銭的な)不満や不安が出てしまいます。

その不満を軽減するために、不労所得を手に入れたいのです。

どんなに給料が低くても
正社員だったら15~20万円程度の給与があると思いますが、
そこに不労所得5万円をプラスすると20~25万円となり、
食べていけないということはなくなるでしょう。

高い給与は求めず、
自分が最終的にビジネスで独立するために
必要な能力や経験は何だろう? と逆算して、
「学ぶ以外の目的のために働かない」と決めます。

お金は最低限食べていけるだけで良いのです。
実際、私は証券会社に入社してから、そのように過ごしました。

働いている間は、例えば平日の18時以降や
会社が休みの土日などに自由な時間を確保して、
出来うるビジネスを作り上げていきます。

最近はダブルワークもうるさく言われなくなりました。

副業禁止というのは、自社の業務に支障を来たすから
会社の特約で禁止されていることであって、法律違反にはなりません。
しかし最低限、会社に迷惑をかけない時間帯でやります。

働いている間に、自分が最終的にやっていくビジネスを
何にするのか考えることができます。

また、月5万円の不労所得をさらに運用しても良いでしょう。

そして2~3年後、運用に力を入れるのか
ビジネスに力を入れるのかを選ぶと思います。


アイコン まとめ

今、私に1000万円という原資があったら、
まずは100~200万円ほどを自分のために使います。

自己資産化するために時間とお金を使い、
自己投資に使った分を回収するために500万円を投資します。

月5万円の不労所得なら、3年で180万円を作り出すことができます。

ビジネスのための原資300万円は、
勉強したことを試すために少しずつ使っていきます。

このように、
「できるだけ少ない期間で最上のリターンを取りに行く」
という動きを行っていくと思います。


アイコン 動画でも見たいという方はこちらから

PAGE TOP