キャッシュフローゲームで楽しく投資・お金について学べるセミナー/ライフワークを実現するための経済的自立を支援するコンサルティング

Mailinfo○sonoharafufu.com
お問い合わせはメールにて受け付けております
トップ無料プログラム記事一覧>教えて!しんやさん

長期休暇があなたを豊かにする理由とは?

皆さん、こんにちは。
園原新矢です。
今日は「まとまった休みを取れ!」ということでお伝えしていきます。

ちょうど先日、エーゲ海クルーズに仲間と妻と4人で行ってきました。
すごく楽しかったです!

今回はイタリアのチビタベッキアから船が出航し、様々な島を巡って色々な文化に触れてきました。
シチリアも行きましたし、ギリシャのアテネとかロードス島、サントリーニ島とか。
海の宝石と呼ばれているようなきれいな島ばかり見てきました。

だいたい13~14日間、2週間くらい行ってきたんです。
天気にも恵まれて、ロバに乗ったり、日本では想像がつかないようなご飯を食べたりしました。
「こんな歴史だったんだなー」と思いながら巡ったりする妻もいれば、僕はなんとか「釣りできないかなー」とがんばって釣り場を探しました。
一応一匹は釣りましたよ(笑)

こんなふうにまとまった休みを年に一回は取ります。
奥さんにも怒られるんで(笑) もちろん楽しいです。
ただ、14日間のうち1週間ぐらいが経過すると、もうどこか「あまり楽しくないな」という感じになります。
島とか街とか時代の景色とかももちろん良いんですけど、それだけじゃ満たされないというか。
どこか自分の中でワクワクしなくなってくるんですね。

もちろん旅行は楽しいけれど、それよりも自分は何をしていたいのかなというのを考えたりします。
無駄に時間を過ごしているわけじゃないけれど、いつもと違った時間を過ごすことで結構考える癖とか時間ができるんですね。

◆ 「忙しい」=「怠惰」

僕はよく「ほとんどの方が成功できないのは忙しいからだ」という話をしていると思います。

この「忙しい」というのはホント悪癖で、特に日本人特有でもあります。
がんばってるとか先輩が帰る前に帰れないとか、そういうのもあるでしょう。
でも「忙しい」ということは、仕事などにどっぷり浸かってしまい、その分他のことができないということなんですよね。

最近聞いた話で面白いなと思ったことがあります。

ある人がラットレースを抜けようと思ってがんばっていたんですが、部署が変わって役職がランクアップしたりと、人から認めらる・求められることが増えたりした。
その途端、あんなに「ラットレースを絶対抜けよう!」「もう会社辞める!」って言っていたのに、「もうちょっと会社員をやってみようと思ってるんですよね」とか言うんです。

面白いことに、環境が変わると一気に気持ちが変わるんですよね。
それは、本来の自分がやりたかったことから実は外れているんです。

堅い決意をもって 「ラットレースを抜けて自分のやりたいことをやりたい!」「こういうことをやっていく!」 と思っていたのに、ちょっと環境が変わったり普段の仕事に忙殺されたりすると「最近ちょっと楽しいし、周りが良い人にめぐまれたし、もうちょっとこのままで良いかな」と思ってしまう。

それはそれで僕はいいと思うんですよ。
もうちょっといようかな?と思ってもいいと思います。
でも、それで自分が決めた本来の決断を置いておこうっていうのは「妥協」なんじゃないかと思っています。

例えばAからBに行くために考えていた過程が、忙しいことで少しずつずれていき、自分はCに行きたかったんだ、と自分自身に言い聞かせるような感覚。
本当はB(目標・目的地)に行きたいのに、この長い距離を考えると「いやいや、ほんとはC(現在地・近場)へ行こうと思ってたんだよね」と考えてしまうんです。

結局「忙しい」というのは言い訳なんだということ。
厳しく言えば「怠惰」だと思っています。

何に怠けているかというと、「自分の本来やりたいこととか生き方に対して怠けている」
仕事を怠けているわけではない。
あなたの夢に向かっての行動が怠けてしまっているんです。

これは、面白いことに渦中にいるときは気付かないんですよ。
ちょっと離れて冷静に見たときに「ずれてたな」と思うんですよね。

一生懸命仕事をしていると、特に気付けないです。
人から認められて嬉しいなとか、人の役に立ってるな、お客様に感謝されたなと感じると、もうちょっと続けてみようかなと思う。
一般的に言ったらいいことですよ。とても素敵なことだと思います。

けれど、あなたが本当に生きていきたいと思った人生に沿っているのか、沿っていないのか?
そこを見直したいときに、ぜひまとまった休みを取ってください。

◆ 将来を考えるためのまとまった時間を確保する

2週間休むといったら会社を辞めると言うしかないかもしれません。失業期間中とかね。
そういうタイミングとか転職のタイミングとかで休むのは良いと思いますね。

でも普段はなかなか取れないと思います。
それでもリフレッシュ休暇とか有給休暇もあるので、できるだけまとめてとってほしいんです。

まとめて取るときに、よく他の動画でも言ってますが、プライベートを先に埋めてください。
遊びの他、もう一歩意識の高い方であれば、人生のプランを考える時間も合わせて取ってみてほしい。
プライベートが充実していると人生が楽しいし切り替えもうまくいくので、先に仕事を入れてから隙間で遊ぼうと思うのではなく、先に遊びを入れてください。

「遊ぶ」というのは、例えば自分のことを考えたり「こんなことしたい」「あんなことしたい」という夢をまとめたりする時間のことで、僕らにとっては最高にワクワクする時間だったりします。

そういった時間を強制的に半ばまとめてとっちゃう。
それ以外考えない環境を買うわけですね。

その時に僕がよく言っているのは、ちょっと高級なところに泊まってみる。
投資効果・費用対効果でいったらもったいないかもしれませんが、そこはケチらなくていい。
だって自分の将来のために時間をとるわけですから。

例えば1泊5万10万するところに泊まってみる。
すると思うでしょう。
何のために高級ホテルに泊まったのか?
自分の夢を考えるためだった!こんな高いところに泊まってボケっと過ごしてられるか!と。

高いところに泊まってボケ―と過ごしたら、なんかすごい嫌な感じするでしょ?
だったら「ちゃんとしよう」って思いやすいです。
これをケチって5,000円のところに泊まったら「ま、いっか」ってなります。
逆にお金の使いどころを間違えている。もったいないです。

お金の使いどころも消費の仕方も、浪費になるのか投資になり得るのかというのはその人によって全然変わってきますが、時間の使い方っていうのは、どんどんうまくなっていくと思います。

とはいえ、最初は忙しければ忙しいほど難しい。
だからできるだけ、まとまった時間をとれるようにまず時間を管理しておいてください。

「有給が取りにくいんです」「いやぁ上司の目があって会社が・・・」というのだったら辞めてしまったらいい。自分の人生のほうが大事ですから。

他の人のお財布を増やすために働く必要はないのですから。
自分のために僕もやっています。
みなさんもまず自分のために、自分の大事な人のためにやればいいんです。

そこを忘れずに、そのうえで「人に求められているから」「これはとても学べるから」ということで、今の仕事に集中するのは良いと思います。

ただ、まとまった休みを取った時には、普段の仕事とか遊びだけではなくて、自分の人生を考える時間をとってほしい。
今回のクルーズでも僕はその時間をとったことで、「やっぱりあれをしたいな」とワクワク思い直しましたし、3年後4年後ぐらいの絵がもっとありありと描けました。

僕はだいたい来年再来年ぐらいは、その年が終わったころには目標をクリアし終わってます。
どういうことかというと、例えば今は11月ですが、うちの会社はちょうど決算が10月なので、11月って第一期に入ってるんですけど、もう今年の11月から来年の10月までは、僕の中では完了しているんですね。

それこそ2年後の数字も仕事もほぼ読めています。
だから3年目4年目の未来を考えることに着手してるんですね。
普段の仕事はもちろんやっています。
やってるんですけれども、自分の頭の中では3年後4年後のことを、だれにも邪魔されずに描けているんです。
だから次の手、先の先の手が打てるという感覚なんです。

1年後2年後の生活も含めて確保できる人っていうのは、ものすごい余裕がありますよね。
そういった感覚を自分で作っていって、いかに暇な時間を作るかなんです。
暇な時間ができないと、どんなに働いても高給取りになるしか道はない。

暇な時間をどれだけ作れるか、その暇な時間の中に自分だけの時間を作って自分のライフスタイル、やりたいことをどれだけまとめて考える時間をとれるか?そこを意識してほしいなと思います。

時間というのはなかなか本当に取りにくいと思います。
僕らは自営業だからとれている部分もあります。
でもそういう時間をとることによって、パフォーマンスが上がります。

だらだら忙しい忙しいと思っていると、クリエィティブな発想が減っていったりしますが、ちょっと時間をとって外の世界の文化に触れたりすると、「これ使えるなー」と思いついたりもするんです。
仕事をとにかく一生懸命やるよりも、どこかで息抜きをしながらやったほうがうまくいくなって思ってます。

立ち止まるということは、なんとなく罰が悪いというか後ろ指をさされる感覚が特にサラリーマンの方には多いと思うんですけど、立ち止まったほうが自分らしい生き方ができます。

会社の休みの規定で、1年間のうちだいたい合計3か月ぐらいが休日になっていると思うんです。
その分を細かくとるよりは、まとまって取ったほうが人生変わりやすいかな、と思います。
集中できますし。

例えば今日ちょっとテンションが上がったと思っても明日仕事で忙殺されたら忘れるでしょ?
もったいないです。
でも今日テンションが上がって明日も休みだったらまだテンションが継続しますから。
だいたい3~4日以上時間をとれるように頑張ってください。

年末年始お正月とかのタイミングも、家の行事や親せき廻りなんかを処理してあとはボケっと過ごして終わることが多いでしょ。
だったらそうじゃない時間を作って自分の人生を考える時間にあててもらえたらいいんじゃないかなと思います。

▼ 動画でも見たいという方はこちらから


<< 次の記事へ     前の記事へ >>
記事一覧(目次)へ戻る

↑ PAGE TOP