キャッシュフローゲームで楽しく投資・お金について学べるセミナー/不労所得を得て経済的自立を達成し、ライフワークの実現目指す方をサポートするお金のコンサルタント

Mailinfo○sonoharafufu.com
お問い合わせはメールにて受け付けております
トップ無料プログラム記事一覧>教えて!しんやさん

最短でラットレースを抜ける4つのステップ

皆さん、こんにちは。
園原新矢です。

本日のテーマは「最短でラットレースを抜ける4つのステップ」です。
今回のお話のポイントは「最短」というところです。

そもそも、ラットレースを抜けるというのはどういう事なのでしょうか。

いわゆる「不労所得」が皆さんの生活費をすべて賄ってくれて、
仕事を辞めてもいいし、続けててもいいという選択肢がある状態になる。
これがラットレースを抜けた状態です。

仮に毎月20万円の支出があった場合、
20万円以上の不労所得を得た時点でラットレースを抜けたことになります。

とんでもなくお金が入る、というわけではありませんが、
様々なやり方を見てきた中で「最短で」抜けるにはこのやり方が最適だと思う流れを
4つのステップにわけて簡単に説明していきます。

◆ Step1.労働力を投下してフリーキャッシュフローを増やす

まずは圧倒的な労働力を投下してフリーキャッシュフローを増やすことです。

私達は時間を切り売りしてお金を得ていますよね。
基本的にはそのお金でまた時間を回収しています。

時間 ⇒ お金 ⇒ 時間

多くの方はお金を得たときに、「よく頑張った」という事ですぐにご褒美を与えてしまいます。
つまり生活の水準を上げてしまうんですね。

財務諸表(P/L)で考えてみると、収入が上がった段階で支出も上がってしまうという状態です。

収入が上がると生活水準を上げたくなりますが、この時点ではまだ上げないでほしいのです。

増やすべきは支出ではなく、「フリーキャッシュフロー(FCF)」です。

FCFとは自由に使えるお金のこと。
例えば収入が30万円で生活費が20万円、
ややこしくないために資産と負債はゼロとします。

収入から生活費を引いた残り10万円が、貯金したり他のことに使ったり自由に使うことができるFCFです。

収入-支出=フリーキャッシュフロー(FCF)

毎月のFCFが10万円とすると、1年で120万円になります。
このFCFこそが自分の将来を変えるために投下できる原資になります。

労働力を投下してFCFを増やことが基本ですが
収入が上がるに伴って支出が上がることを我慢していただきたいのです。

財務諸表(P/LとB/S)から見たときに、ラットレースを早く抜けるにはこの手順しかありません。

① 支出を抑えて
② 収入を上げて
③ 利率を上げる(運用していく)


例え収入が大きく上がっても、支出は上げないでください。

◆ Step2.資金をポートフォリオからの所得に流す

次に、勤労所得を使ってポートフォリオからの所得を得ます。
自分の持っている資金を株や為替などのペーパーアセットに入れて増やします。

ペーパーアセットのメリットは税率が低いこと。
短期的に手元のお金を爆発的に増やすためには、税率が有利な金融商品で資産増加を狙います。

ここではキャピタルゲインを狙いにいっています。
キャピタルゲインとは、安く買ったものを高く売って得た売買差益のこと。

動画メルマガなどで深く内容を説明しているので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。
大切なポイントは、まず手元のお金を増やすということです。

◆ Step3.不労所得を得る

ポートフォリオから得たキャピタルゲイン(売買差益)は、インカムゲインを生み出す資産に流します。

インカムゲイン=不労所得

例えば株の配当、不動産の家賃収入、ビジネスのロイヤリティなど。
インカムゲインには様々なものが存在します。

ステップ2で増加させた資産(お金)を、毎月のインカムゲインが入ってくるものに流し込みましょう。

◆ Step4.不労所得(インカムゲイン)の範囲内で生活水準を上げる

ビジネス、不動産、ペーパーアセットのどれを使って不労所得を得てもかまいません。
どれでも不労所得を得ることは可能です。

この不労所得で得られるインカムゲインの範囲内で、生活水準を上げてください。

ラットレースを抜けたその先に、自由な生活や贅沢をしたいといった何かしらの希望があると思います。
なのでほとんどの方はステップ2くらいまでは頑張りますが、稼いだお金を使うほうに走ってしまいます。

収入を増やし、稼いだお金をすぐに使うのではなく、毎月のFCFをうまくコントロールしてください。
そのためには自分の財務諸表がどうなっているのかを理解する必要があるのです。

◆ なぜこの「4step」なのか?

ラットレースを抜けるには他にもいろいろな方法がありますが、この4つのステップの順番でラットレースを抜けることが、最短のパターンであり安定している方法と言えます。

なぜでしょうか?

なぜなら不労所得が増える範囲で支出を上げていく分には、FCFが痛まないからです。

また、このスパイラルが続いてFCFが存在している限り、
さらに資産を購入し不労所得を増やし続けることができるためです。

不労所得を得ることができる資産は、大きく分けると3つ、ビジネス・不動産・ペーパーアセットという種類がありますが、どういうステップでどういう組み合わせでいけば最も安定的にラットレースを抜けた状態になるのか。

ラットレースを抜けた後でラット落ちしないくらい盤石な態勢を、最短で達成するにはどうしたらよいのか。

その答えが上記の4 ステップなのです。
誰にでもチャンスがあり、誰でもラットレースを抜ける可能性があります。


まずは自分の労働力で時間を切り売りして、元手(フリーキャッシュフロー)を作りましょう。

税率のよくない勤労所得ではなくポートフォリオ所得でお金を増やしましょう。
安く買って高く売ることでキャピタルゲインを得て、お金でお金を生むことを行う。

これが2ステップまでですが、ほとんどの方はここで終わってしまいます。

しかしここで欲求に負けず、次にこのキャピタルゲインをインカムゲインに流し込みましょう。
インカムゲインにもいろいろなものがありますが、とにかくそこに流し込みましょう。

毎月自分の生活費を賄えるくらいの、何もしなくてもご飯を食べられるくらいの不労所得を作ることを最優先とし、それに合わせて生活水準を上げていってください。


どうやったら不労所得(インカムゲイン)を得られるのか?
不労所得にはどんなものがあるのか?
が気になる方は、ぜひ弊社の動画メルマガをご覧ください。

きっとお役に立つ情報があると思います。

▼ 動画でも見たいという方はこちらから


<< 次の記事へ     前の記事へ >>
記事一覧(目次)へ戻る

↑ PAGE TOP